初詣の正しい参拝方法とおすすめの場所

初詣(はつもうで)とは、1年の初めに神社やお寺にお参りに行って新しい一年の幸せを祈願する儀式を指します。

古くから行われてきた行事で、私たち日本人にとって初詣は当たり前の風習ですよね。

ここでは、初詣の正しい参拝方法と押さえておきたいマナーをいくつか挙げてみました。

  • 関東地方は元旦から7日まで、関西では15日の小正月までの「松の内」の間に行く
  • 神様をまつる神社では手水所で身を清めてから拝殿に向かい、おさい銭を納めて目を閉じてお参りする
  • 仏様をまつる寺院では線香でけがれや邪気を払い、おさい銭を納めて静かに手を合わせてお祈りする
  • いきなり願い事をするのではなく、まずは「昨年はありがとうございました」と感謝の言葉を述べる
  • おみくじを木に結び神様との縁を結ぶ(神社にある木には精霊や神が宿る)
  • しきたりやマナーを知らないまま友人と初詣に出掛けると、恥ずかしい思いをすることも…。

    神経質に考える必要はありませんが、最低限の参拝方法は押さえておきたいものです。

    初詣は有名な場所ではなくても、近くの神社や寺院でも問題ありません。

    日本人にとって馴染みのあるお正月のビッグイベントですので、初詣に出掛けて作法の通りに心に定めた目標や望みをお願いしてみましょう。

    縁結びや合格祈願に関しては、初詣ではなく電話占いの利用も選択肢の一つです。

【メモ】

平常だと表面化されない各人の潜在意識を明らかにし、22枚または78枚のタロットカードの「ポジションと絵柄」という形式によって表示するのがタロット占いの特徴です。
「基本占いに注目することはない」といった感じの人も、惹かれている人のことになると、そうはいかないでしょう。愛している人との相性を確かめるなら、恋愛占いがベストです。
普通は占いをスルーするというような方だとしても、家を後にする前の星座占いで自身の星座の順位が高いと、何気なく当日を平穏に過ごせるはずです。
その日の恋愛運を頭にインプットして、いい感じに活用してほしいと思います。恋愛運が良くない時に告白しようとも望んでいる結果にはならないので、無料占いを閲覧して毎日チェックすると良いでしょう。
メール占いでしたら、心穏やかに各々の悩みを記すことができます。「現在の悩みを占い師さんに面と向かっては吐露できない」といった方にマッチするのではないでしょうか?

「今日の日がどういった日になるのであろうか?」を家を出る前に確かめたいなら、スマホで閲覧することができる無料占いが使い勝手もいいです。当日の運勢を確かめることが可能になっています。
無料占いのメンバーになって、今日の日の恋愛運を確認しておく方が良いと思います。恋愛運が素晴らしい時に愛しい人に告白すれば、二人の仲があっという間に緊密になることもあるはずです。
一日一日の運勢を念頭に置いておくことは、その日を快適に進める上で大切なことだと思います。一日一日の運勢を知りたい場合は、即行で利用することができる無料占いがおすすめです。
手相と言いますのは、毎日の生活の仕方とか老齢化によって変化するものです。現在の手相占いの結果が最悪のものだったとしたら、日々の生活の仕方を改良することで良い手相に変化させることもできるのです。
浮気関連の相談など、面と向かって告知するのが遠慮したくなるような相談だったり、友人などに察知されたくない困り事がある時は、メール占いが一番です。

「病気のせいで外出できない」方が、自宅で占い師に困り事を告白し、将来を占って貰うことができるのが電話占いです。
恋愛運や金運などいろいろな運勢を占いたいときに助けになるのがタロット占いです。大アルカナという22枚のカードが、あなたの未来をピンポイントで言い当てるという信者の多い占いです。
新たに生まれる子供さんの名前に頭を悩ませているなら、姓名判断に依存するのも良いでしょう。ただの一度しかできない忘れることができない贈り物を最上のものにできると考えます。
タロット占いを利用すれば、個人の過去・今・将来をズバズバと言い当てることができるとされています。タロットを行なって自分の将来を占ってみたら良いと思います。
深夜であろうとなかろうと、占いサイトであれば運勢を占うことができます。一定じゃない勤務業態で働いている方だったとしても、何時かということを気にすることなく今後を占えます。

ポイント
  • おすすめ初詣スポット
  • 初詣スポット人気ランキング
  • 初詣に行きたいおすすめのお寺
  • 初詣は氏神様にお参り
  • 初詣に行きたい寺社ランキング